紫外線から肌を守り、美白肌に近づけることが大切

紫外線から肌を守り、美白肌に近づけることが大切

シミは一度できてしまうとなかなか消失しないと言われています。ですので、まずはシミができないように予防をしてあげるのが大切です。たとえ秋冬シーズンであっても、また屋内にいたとしても、常に紫外線が差していると思って間違いありません。夏の間だけでなく、1年中を通しての紫外線対策をすることが大前提となります。

 

ドラッグストアなどへ行くと、たくさんの種類の日焼け止めが店頭に並んでいますよね。それぞれ手にとってよく見てみると、SPFとかPAなどの表記がなされています。それぞれの意味をきちんと把握しているでしょうか。まず「SPF」というのは、日焼け止めを塗り直さなくても大丈夫な時間の目安のことです。人の肌は紫外線を浴びた後、約20分経過すると赤くなり始めると言われています。「SPF1」というのはその20分を指しているのです。例えば「SPF30」との表示であれば20分×30倍となりますので、600分。つまり約10時間は塗り直しをしなくても紫外線から肌を防ぐことができる、ということなのです。もう一方の「PA」はUVA波をどの程度防止できるかの目安のことです。

 

UVA波はガラスや雲も通り抜けて、肌の奥まで届き、シワなどの原因になると言われています。表示には「PA+」から「PA+++」までの3段階があり、プラスの数が多くなるほどUVA波の防止効果が高いということなのです。「SPA」の方がよく知られているかと思いますが、どちらかというとシワやたるみの原因防止に関係している「PA」の方が重要であるとも思えますよね。いずれにせよ、日常生活の過ごし方や用途などをよく考え、自分に合った表示のものを選ぶことが大事になります。

 

日焼け止めを選んだら、まずはしっかりと塗りましょう。はじめ、なるべく細かく、肌のたくさんの箇所に少量ずつおいてあげると、塗りやすくなじみもよくなります。その後、ティッシュで軽く押さえるようにすると、メイクの崩れも防ぐことができますよ。
くすみやシミがあるだけで、老けた印象を与えてしまいますよね。しっかりと予防するためには、とにかく紫外線から肌を守り、美白肌に近づけることが大切なのです。

 

キミエホワイトプラスの口コミと効果の真実