唇にシミができないようにきちんとケアしたい方へ

唇にシミができないようにきちんとケアしたい方へ

実はシミって…唇にもできるんです。肌はきちんと日焼け止めを塗っている、という方でも、唇、無防備になってしまっていませんか?もう既にできてしまった、という方にも、これから先唇にシミができないようにきちんとケアしたい、という方のためにも、自分でできる唇のケアについて書いてみようと思います。

 

唇のシミ、一体なにが原因でできるの?

 

唇にできてしまうシミの主な原因は、肌と同じように「紫外線」が大きな原因となっています。次に「クレンジング不足による口紅の洗い残し」。口紅に含まれるタール色素が色素沈着しシミを作ってしまうと言われています。そして「唇を噛むクセ」も唇にシミができる原因のひとつです。気付いたら唇を噛んでしまっている、という方は噛まないようにするよう心がけましょう。

 

できてしまった唇のシミ、消すことはできる?

 

時間はかかりますが、毎日の地道なケアによって唇のシミは薄くなります。まずは丁寧にクレンジングをすることから始めましょう。スクラブのケアでターンオーバーを促すのも◎です。ちなみにスクラブは唇専用のもので力を入れずやさしくマッサージするように心がけましょう。唇をすっぴん状態にしたら、ホホバオイルを塗ると唇のシミに効果的とのこと。オーガニックのものを選ぶとよいですね。ホホバオイルを多めに塗ってラップパックをし、その上に蒸しタオルをのせるとさらに効果的です。

 

これから先唇のシミを作らないためにできること

 

リップクリームや口紅を選ぶ際、できる限り日焼け止め効果のあるものを選びましょう。部屋の中にいても意外と紫外線を受けるもの、なので、日中は紫外線防止効果のあるリップクリームを塗るようにしましょう。口紅はタール色素が入っていないものを選ぶといいですね。また、落ちにくい口紅は洗い残しの原因になりやすいので避けたほうがいいでしょう。

 

唇にシミができてしまうとリップメイクを心から楽しめなくなったり…周りから「唇に海苔がついてる?」なんて思われてしまうことも。そうならないためにも、できてしまったシミはきちんとケアし、これから先シミができないようケアを十分に行いましょう。"