素肌そのものを健康に美しく保つための毛穴対策

素肌そのものを健康に美しく保つための毛穴対策

特に30代以降の年齢肌になってくると、気になってくるのが「毛穴」です。

 

どんな美人でも、ぼつぼつとした大きな毛穴が目立つ「クレーター肌」では、なんだか不健康で疲れたイメージになってしまいますね。お化粧で隠すにも限度があり、完全にカバーするにはかなりぼってりと厚塗りになってしまい、かえって不自然な印象になりがちです。肌のきめが年齢とともに乱れて来るのとともに、毛穴の目立ちはとても痛切な問題です。素肌そのものを健康に美しく保つには、どんな毛穴対策を立てたらよいのでしょうか。

 

まず、毛穴が目立つというしくみそのものをよく見極めてみましょう。毛穴が黒ずんで目立つ、という場合はどうしても「毛穴の角栓を取り去らなければいけない」と考えてしまいがちです。ですが本来、私たちの肌の毛穴にとって、角栓はなくてはならない大切な「フタ」なのです。このフタが健康な状態であれば、白色に近いため、ほとんど目立つということはありません。毛穴が目立つのは、角栓が汚れて色が濃くなっているという状況なので、「角栓を取り去る」のではなく、「角栓の汚れを落とす」あるいは「角栓を白い状態に保つ」という努力をする方針が大切です。

 

この角栓の清潔な状態を保つためには、スクラブなどでごりごりマッサージをしたりするのはおすすめできません。毛穴パックなどは問題外です。毛穴の角栓を無理やり引き剥がすのは、視覚的には快感がありますが、実際には毛穴とその周辺の肌を傷つけてしまうとても残念なケア方法です。どうしてもしたいという人は、ひと月に一回くらいの低い頻度でお試しください。また、毛穴パックの使用直後は、むきだしになった角栓の跡が非常にデリケートになっていますので、刺激の強い基礎化粧品などは避けましょう。

 

本当に効果のある毛穴対策は、毎日のクレンジング習慣です。メイクをしている・していないにかかわらず、自分の肌質によく合った低刺激のクレンジング剤を使用し、優しくなでるように毛穴の気になる部分を洗い流す、という手法です。すぐに劇的な変化が見えるものではありませんが、数週間以上にわたって地道に続けると、特にプラスのケアを行わなくても毛穴の状態が改善されていき、次第に黒ずみ知らずの美しい素肌へと変貌していきます。言う間でもありませんが、洗顔後はしっかりと保湿などの基礎ケアを怠らずに!